テレビでなにげにきているTシャツの英語のデザインの意味を考えてみようという特集があり街頭の人にインタビューをするとほとんどの人が自分が着ているTシャツの英語の意味を分かっている人がいないということがわかりました。
これは外国人も同じで海外旅行に出かけた時に感じを見かけるがなんでこの人はこんな漢字のTシャツを着ているのだろうと思うのと結局は同じなのだと思います。
侍とかかれたTしゃつなどもよくみかけます。
努力などという感じもその意味をわからずに着ていたり漢字の文字の格好良さだけでデザインされたものなども多いです。

それと同じで日本人も英語がお洒落という感覚で意味はなくきていると言う事がわかります。
日本に来た外国人からすると変な意味と笑ってしまうTシャツも多いのだと思います。
実際に私も英語がかかれているだけでデザイン的に格好良いと考えてしまい意味など考えないです。
良く考えると怖い事もあります。意味だけを考えると「私にキスしてください」「私にさわってください」と書かれたものもあるのです。

良く考えるとこれをきて外国に聞くとやばい人にも思えます。
本当にキスされても仕方がないのです。
Tシャツに書かれているからです。
そう考えると英語を少しでも理解しようと言う気持ちも必要だなと感じます。

自分が持っているものだけでも英語書かれていたらそれを辞書で調べたりネットで調べる事も大切なのです。
良く考えると誰がこんな英語を考えてTシャツなどの洋服に書くのだろうと思います。
読めないからこそお洒落なのかもしれないです。
全員が英語の意味を理解して話す事が出来たらもしかしたら売れないかもしれないです。
外国人も同じで漢字の意味を知らない人が多いから売れるのだと思います。