万里の長城は観光地として世界的に有名で、多くの国籍の韓国客がいます。

露天商が多くいて、そこでは日本円も使うことができます。主に1000円は、現地の人も認知しているのか商品のほとんどは1000円で買うことができます。

商品はシルク製品や帽子やバックなど様々でその多くは粗悪品と思われます。
興味があれば購入してみるのも面白いかもしれません。
万里の長城は、とても大きく全貌は見ることができません。

向こうのほうまで見ても先が見えないからです。
こんなものを人が作ったというから驚きです。

作りも思ったよりもずっとしっかりしていて、太古のロマンを感じることができます。
ただ、人によっては露天商がその歴史を汚していると感じるかもしれません。
中国は富裕層と貧困層がはっきり分かれています。

貧困層は、そういうところで商売しないと生活ができないのでしょう。
それをしっかり理解しないと観光するなかで不快に思うことがあるかもしれません。
しっかりと今の中国情勢を理解してから景観することをお勧めします。